しょうぶ湯を楽しむ園児たち=徳島市津田本町3の昭和湯

 5日の端午の節句を前に、わかくさ幼稚園(徳島市津田本町4)の園児30人が2日、近くの銭湯「昭和湯」でしょうぶ湯を楽しんだ。

 頭にショウブの葉を巻いた園児は背中を流し合った後、湯船へ。全員で童謡「こいのぼり」を歌い、ショウブの束を手に取るなどしてはしゃいでいた。

 林卓実ちゃん(5)は「いい匂いがして気持ちよかった。みんなで入ると楽しい」と喜んでいた。

 端午の節句にしょうぶ湯に入ると、丈夫な子に育つといわれている。同園は伝統行事の体験と公衆浴場でのマナーを学ぶ目的で毎年行っている。