入賞・入選作品を鑑賞する来場者=あわぎんホール

 第24回放美展(四国放送、県美術家協会主催)が2日、徳島市のあわぎんホールで始まった。6日まで。

 日本画、洋画、写真、彫刻、美術工芸、書道、デザインの7部門に寄せられた1049点のうち、第1席の放美賞に輝いた7点を含む入賞・入選作品計521点が並ぶ。

 日本画部門で放美賞を受けた富永博子さん(55)=同市助任本町4、会社員=の「華」は、美馬市穴吹町のポピー畑を描いた。青空の下、赤や白の花が咲き乱れる初夏ならではの風景を切り取り、明るく爽やかな作品に仕上げている。

 徳島市の実家に帰省中に来場した松尾宏也さん(50)=横浜市、会社員=は「初めて訪れたが、見応えのある作品ばかり」と話していた。