[磯]<小神子>18日、波風ともに穏やか。松で沖アミを餌にフカセ仕掛けで25~30センチのアイゴ20匹。

 <福村>17日、うねりが残り、水温24度。一番で28センチ前後のチヌ3匹。二階で20センチ前後のグレを3匹。

 <中林>18日、北の弱い風で波は穏やか。エンバエ西の胴で徳島市の森下昇さんが、ハリス1・2号ウキ下3~4ヒロのフカセ仕掛けで25~27センチのアイゴ4匹と25センチ前後のグレ、同型のマダイを各3匹、30、37センチのチヌ2匹、23~27センチのマアジ38匹、同型のマルアジ15匹。

 <宍喰>18日、東寄りの弱い風で、波が少々あった。水温26度。那佐半島のメンバエで2人がガンガゼを餌に底物仕掛けで33、52・5センチのイシダイ2匹と32~39センチのイシガキダイ5匹。13時に納竿。

 [イカダ]<ウチノ海>18日、波風ともに穏やかな釣り日和。チヌの食いが好調。湾口のカセで20~38センチを45匹。中央周辺で2人がサナギとヨウセイエビを餌に20~35センチを20匹。

 [波止]<岡崎港>17日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで35~40センチのマダイ4匹。

 <粟津離岸堤>18日、北西の弱い風で、うねりが少々あった。6番でサナギを餌に30~40センチのチヌ6匹。

 <東沖洲>17日、16時から3時間、冷凍イカナゴを餌にフカセ仕掛けで指幅2~3本のタチウオ10匹。別の人は同型を4~8匹。

 <小松島港沖ノ一文字>18日、20~23センチのグレの食いが活発。白灯周辺で30匹。中央周辺で2人が26リットルのクーラーにそれぞれ8分目。赤灯寄りで50匹。アジ狙いは赤灯周辺で2人がサビキ仕掛けで13~15センチを300~400匹。

 [友釣り]<勝浦川>18日、平水より20センチ高く、薄い濁りがあった。沼江と星谷周辺2カ所を8時半から8時間で18~23センチのアユ35匹。

 <海部川>17日、平水よりやや増水気味。相川谷で10時から4時間で14~21センチのアユ16匹。別の人が16~22センチを9匹。大井大橋上流で14~21センチを15匹。別の2人で同型を24匹。

 [船釣り]<小鳴門海峡>18日、波風ともに穏やか。自家用船で12時から3時間余りサビキ仕掛けでイワシを餌に40~45センチのハマチ29匹と40センチのマダイ1匹。

 [投げ釣り]<勝浦川河口>17日、左岸で7時半から7時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に17~27センチのキス15匹と26センチのヒラメ、70センチのウナギを各1匹。キスは半数以上が20センチを超す良型だった。(県釣連盟報道部)