ファッションショーに参加し、笑顔で花道を歩く母親=徳島グランヴィリオホテル

 母の日の8日、母親たちによるファッションショー「母の日シンデレラプロジェクト」が徳島市の徳島グランヴィリオホテルであった。一生の思い出に残る体験を母親にしてもらい、家族が感謝の気持ちを伝えようというイベントで、紫やゴールドのドレスなどに身を包んだ30~80代の母親7人が登場した。

 スポットライトを浴びながら笑顔で花道を歩くと、観客の子どもや孫からは大きな拍手とともに「お母さん、きれい」などの声が上がった。この後、一人一人の母親に「生まれ変わっても娘として産んでください」などのメッセージが家族から読み上げられ、会場は感動に包まれた。

 出演した鈴江悦子さん(62)=同市国府町早淵、理美容師=は「みんなの感謝の思いが伝わってきて、いい母の日になりました」と喜んでいた。

 ファッションショーは、県が開設している女性起業家支援ルーム「ACT」(アクト、徳島市)で研修を受けた女性グループが、学習の集大成として企画した。