咲き始めたハナショウブ=徳島市下助任町の助任緑地

 17日午前の徳島県内は前日の荒天から一転して青空が広がり、各地で気温が上昇した。

 徳島地方気象台によると、正午までの最高気温は海陽、美波両町で25度以上の夏日を記録したほか、那賀町木頭出原22・7度、徳島市22・4度など4地点で20度を超えた。午後からも気温は上がる見込みで、日中の最高気温は美波町27度、徳島市25度、三好市池田町24度と予想している。

 初夏の陽気に誘われるように、徳島市下助任町の助任緑地でハナショウブが咲き始めた。緑地のあちこちに植わっている約2千株が紫や黄のかれんな花を咲かせ、ほのかな甘い香りを漂わせている。見頃は5月末まで。