ゴーヤーの苗を植える園児たち=徳島市のときわプラザ

 つる性の植物の葉で窓際の日差しを和らげる「緑のカーテン」作りが19日、徳島市山城町東浜傍示のアスティとくしま内のときわプラザであり、近くの保育園児がゴーヤーの苗を植えた。

 昭和保育所と沖浜シーズ保育園の園児計29人が参加した。プラザの事務室西側にある花壇に素手やスコップで約15センチの穴を掘り、ゴーヤーの苗40本を植えた。

 順調に育てば、7月上旬に幅約20メートル、高さ約2・5メートルの事務室のガラス窓一面を覆う緑のカーテンが完成する。