神様に見立てた人形に向かって泥を投げつける園児=鳴門市大津町

 徳島市のナーサリー富田幼児園の園児57人が24日、鳴門市大津町のレンコン畑で泥遊びを楽しんだ。食育や自然体験活動の一環。

 園児は、はだしで畑の中へ。神様に見立てて園児が手作りした人形が置かれ、五穀豊穣を願って勢いよく泥を投げつけた。ボールやそりを使った遊びも楽しみ、泥だらけになって歓声を上げていた。

 谷蔵人ちゃん(5)は「レンコンがたくさんできますようにと投げた。泥遊びは楽しかった」と話した。

 自然に親しんでもらおうと、同園で年間を通じて食育イベントを行っているアミューズ合同会社(鳴門市)が開いた。