鉄道と道路の両方を走れる車両「デュアル・モード・ビークル(DMV)」の阿佐海岸鉄道・阿佐東線(海陽町-高知県東洋町)への導入に向け、徳島、高知両県などは26日、関係自治体でつくる阿佐東線DMV導入協議会の初会合を徳島県庁で開いた。今後、全国初の営業運行に向けて整備費用やスケジュールなどを詰める。

 両県のほか海陽、牟岐、美波3町と高知県東洋町の町長、オブザーバーとして国土交通省四国運輸局とJR四国の担当者も参加した。

 徳島県の担当者が、DMVを開発したJR北海道の協力を得ながら、自動車と鉄道を一体化させた車両の製作に向けて調整を始めていることを報告。

 本年度は協議会の下部組織として幹事会と技術部会を設け、駅舎ホーム改築など施設整備費用の見積もりや工程、JR牟岐線との連携、バス運行の在り方などを協議し、その後導入計画を策定することを確認した。

 阿佐海岸鉄道の社長を務める前田惠海陽町長は「生活路線の維持や地域活性化など阿佐東地域にDMVはどうしても必要。世界初の運行に向け、力を合わせて取り組みたい」と話した。