洪水を想定した演習で、四国地方整備局に徳島県内の状況を報告する県職員=県庁

 台風や梅雨の豪雨に備え、国土交通省四国地方整備局と徳島県は27日、園瀬川の氾濫を想定した情報伝達演習を行い、災害時の連絡体制を確認した。

 台風による大雨の影響で園瀬川の水位が上昇し、徳島市上八万町で堤防が決壊したとの想定で実施。県庁では河川整備課の職員が、水位や被害状況、県の水防体制などを電話やメールで高松市の整備局に報告した。

 このほか、県管理の正木、福井、宮川内の3ダムの放流量などを関係機関に周知する訓練も併せて行った。

 演習は、毎年5月の水防月間に実施している。