華やかなサツキの盆栽に見入る来場者=板野町文化の館

 板野町内のサツキ愛好家でつくる町さつき会の「花季展」が27日、同町犬伏の町文化の館で始まった。29日まで。

 会員36人が丹精込めて育てた盆栽約100点を展示。推定樹齢100年以上で幹周りが約50センチと極太の「若恵比須」や、緑の葉と濃い赤の花のコントラストが美しい「赤光琳」などが来場者の目を引いていた。

 石井公生会長(72)=同町大寺=は「今年は春先に雨が少なく、病気が発生しなかったので例年より美しく咲いている。ぜひ見に来てほしい」と話している。

 会場では鉢植えが即売されているほか、無料の栽培指導も行われている。