出荷が最盛期を迎えている新タマネギ=上板町泉谷

 新タマネギの出荷が県内主産地の上板町で最盛期を迎えている。

 同町泉谷の農業岡田久夫さん(67)は、約8アールの畑で収穫に大忙し。直径8センチ前後に育ったタマネギを引き抜き、茎と根を切り落として10キロずつ箱に詰めている。「淡路島産に負けないくらい甘くておいしいですよ」

 同町産タマネギのほとんどを扱うJA板野郡松島支所によると、40戸ほどが約10ヘクタールで生産。徳島市中央卸売市場に出し、1箱1000円程度で取引されている。作業は8月末まで続く。