徳島市周辺の5市町が30日、同市の遠藤彰良市長にごみ処理施設の広域整備に向けた協議再開を要望する。徳島東部地域の広域整備をめぐっては、建設候補地となった佐那河内村の反対で白紙になっていたが、広域整備に前向きな遠藤市長が当選したため、申し入れることにした。

 5市町は、小松島、勝浦、松茂、北島、石井。小松島市の浜田保徳市長は徳島新聞の取材に対し「各自治体の施設は老朽化し、多額の維持費がかかっている。広域で整備すると、国の補助が受けられるほか、経費が大幅に抑制できる」と強調した。勝浦町の中田丑五郎町長も「広域整備を進めてほしい思いは今も変わっていない」と話した。

 30日は浜田市長や中田町長らが徳島市役所を訪れ、遠藤市長に要望書を提出する予定。関係自治体の合意が得られれば早急に協議を始め、建設候補地の選定を急ぎたい考えだ。

 徳島、小松島、松茂、北島、石井、勝浦、佐那河内の7市町村は2012年7月、広域整備を進めるため「徳島東部地域環境施設整備推進協議会」を発足させた。14年10月に佐那河内村を候補地とする基本計画に合意したが、村民が反発。村長が村民の意見を問うために辞職し、15年11月の出直し村長選で建設反対派の候補が当選した。

 これを受け、協議会会長を務めていた当時の原秀樹徳島市長が、市単独での施設整備を目指す方針に転換。協議会は計画を白紙撤回して解散した。