上勝町教委は6月、上勝小学校の1~6年生を対象にした無料の学習塾「小学生アララギ学習会」を始める。2015年度から中学生向けの学習会を開設しており、保護者にも好評だったことから対象を広げた。町教委は「学習支援に特化した小学生対象の公設塾は県内で初めてではないか」としている。

 学習会は上勝小の多目的室で、1~3年生は毎週月、火、水、金曜の4回、4~6年生は月、火、金の3回開く。学校の授業を補完する位置付けで、国語、算数、理科、社会の4教科の宿題を中心に40分間の指導を行う。講師は、中学生の学習会で指導に当たる元塾講師2人に加え、7月から元中学校教諭に依頼する予定だ。

 希望者を対象にしており、現在、全児童43人のうち33人が参加を希望している。町は講師3人分の報酬として16年度予算に269万円を盛り込んだ。

 同町は15年度から上勝中生を対象にした無料の学習会を週3回開いており、同年度は全生徒26人のうち20人が参加。16年度も4月から始め、32人のうち28人が受けている。

 立川信彦教育長は「放課後に分からないところを聞きながら宿題をすることで、勉強をする習慣が身に付き、学力向上につながれば」と話している。