エネルギッシュな踊りで渡月橋を渡る阿波おどり振興協会の選抜連=京都市

 徳島市の阿波踊り(8月12~15日)をPRする同市のキャンペーンが4日、京都の景勝地・嵐山であり、阿波おどり振興協会の選抜連の26人が、エネルギッシュな本場の魅力を国内外の観光客に披露した。

 嵐山駅前など4カ所に踊り会場が設けられ、大勢の観光客が体でリズムを取ったり手拍子をしたりして熱気を体感していた。桂川に架かる渡月橋の車道の一部を通行止めにして、選抜連が橋を渡る演出もあった。

 京都観光に来ていた群馬県高崎市の主婦後藤史子さん(71)は「一度は行きたいと思っていた阿波踊りを目にすることができて感激。迫力がすごい」と話していた。

 キャンペーンは5日も行われる。