食害に遭ったジンリョウユリを手に、ノネズミが掘ったとみられる穴を指さす吉田さん=那賀町東尾

 那賀町東尾の山中にある希少種・ジンリョウユリの県内最大の自生地が、ノネズミとヤマドリによるとみられる食害で壊滅的な被害を受けた。約1ヘクタールの約95%で球根や花が食べられた。隣接する区域でも3年前に被害に遭っており、保護に取り組む東尾ゆりを守る会の吉田修会長(82)=徳島市中昭和町1=は「このままでは自生地が消滅する。早急な保護策が必要で、力を貸してほしい」と訴えている。

 この自生地では昨年の初夏ごろからノネズミとみられる食害の跡が増え始めた。ヤマドリも飛来するようになり、柔らかい芽や花が次々と被害に遭った。吉田さんは、鳥獣害対策として周囲に電気柵や高さ2~3メートルの防護ネットを設置し、見学者がいないときは犬を放していた。被害を確認した後には見回りの回数も増やしたが、止まらなかったという。

 例年なら無数のピンクの花で彩られる山の斜面は、あちこちで土が掘り起こされ、球根を食べられたジンリョウユリが立ち枯れている。花を食べられて茎だけになったものも目立ち、今年は恒例となっていた一般公開を見送った。吉田さんはわずかに残った花の実を食害から防ぐため、ネットで包む作業を続けている。

 2013年には隣接する区域(2ヘクタール)がヤマドリの食害を受けて全滅している。

 日本に自生するユリの専門家、林一彦大阪学院大教授(70)は「熱心な保護のおかげで個体密度が高いことが、皮肉にも野生動物にとって格好の餌場になってしまっている」と指摘。被害抑止策として「個体密度を下げて広範囲に植えるか、対象の動物ごとの駆除策を徹底するしかない」と話す。

 ジンリョウユリを町の天然記念物に指定している町教委は「現地を調査し、対応策について検討したい」としている。

 ジンリョウユリは環境省のレッドリストで絶滅危惧ⅠB類に指定されている。吉田さんは約20年前から保護に取り組み、04年から自生地の一般公開を始めた。