大谷さん(後列右端)と小中学生が共演した邦楽演奏会=吉野川市の美郷ほたる館

 国内外で活動する京都市の箏曲家大谷祥子さん(44)と、県内の小中学生が共演する邦楽演奏会が11日、吉野川市美郷宗田の美郷ほたる館であり、家族連れら約100人が聞き入った。

 共演したのは、板野町の「あせび子ども邦楽教室」と、吉野川市の和太鼓グループ「かわせみ」の計14人。童謡「ほたるこい」では、邦楽教室の9人が琴と尺八で大谷さんと共に美しい調べを響かせた。かわせみの5人は、市のマスコットキャラクター「ヨッピー」と「ピッピー」のPRソングを勇壮な音色で盛り上げた。

 琴を演奏した吉野川市の川田中小学校6年の佐々木海翔君(11)は「練習通りにうまく弾くことができた。著名な演奏家と同じ舞台に立てて、いい思い出になった」と喜んでいた。