日本サッカー協会は14日、リオデジャネイロ五輪に出場する男子の日本代表選手で3人まで認められる24歳以上のオーバーエージ(OA)枠として、サンフレッチェ広島の塩谷司(徳島商高―国士舘大出)、ガンバ大阪の藤春広輝が決まったと発表した。残り1選手は未定。