練習に汗を流す踊り子=徳島市の内町小体育館

 8月12日に開幕する徳島市の阿波踊りまで2カ月を切り、市内各地で有名連の練習が熱を帯びてきた。同市徳島町城内の内町小学校体育館では16日夜、殿様連の約60人が約1時間半、汗を流した。

 踊り子は笹田清一連長(77)らの指導を受け、手さばきや足運びを繰り返し確認。鳴り物陣は音合わせをしながら、ぞめきのリズムを響かせた。

 男踊りのリーダー六田朱一さん(41)=同市南沖洲1、診療放射線技師=は「全力で踊る姿を多くの人に見てもらうため、連員一丸となって技を磨き上げたい」と意気込んでいた。