第73回徳島県美術展(県展)運営委員会は28日、台風24号の接近に伴い、30日に徳島市のあわぎんホールで予定していた県展写真部門の公開審査を10月8日に延期するとともに、会場を徳島市の徳島新聞社に変更することを決めた。審査員も蜂須賀秀紀さんから大石芳野さんに変わる。

 30日に公開審査が予定されていたデザイン部門も8日に延期されることが既に決定。写真、デザインの両部門の応募作品はいずれも8日午前9時半から正午まで徳島新聞社1階会議室で受け付け、午後1時から公開審査が始まる。

 書道部門の審査は9月29日午前9時半から予定通りあわぎんホールで行う。