日差しを浴びて輝く青いスイレン=鳴門市の大塚国際美術館

 鳴門市鳴門町土佐泊浦の大塚国際美術館で、フランスの印象派画家クロード・モネ(1840~1926年)の代表作「大睡蓮(だいすいれん)」に描かれている青いスイレンが咲き始めた。

 陶板画「大睡蓮」がある地下2階の屋外展示コーナーを囲む池には、直径10センチほどのスイレンの花が日差しを浴びて輝き、来館者が写真に収めていた。最盛期の7月下旬頃には白や黄のスイレン300鉢が池を彩る。見頃は8月下旬まで。

 館内ではスイレンを表現したタマネギにチキンパテ、タルトのキッシュがセットになったモネランチ(税込み1000円)なども味わえる。

 モネは日本文化に関心を持ち、フランスの自宅で青いスイレンの栽培を試みたが、気候の関係で咲かせることができず、絵の青いスイレンは想像で描いたとされる。