「JALパックアワード2015」で四国エリアの企画部門・金賞に選ばれた「桃源郷 祖谷の山里」=三好市東祖谷

 三好市東祖谷・落合集落の宿泊施設「桃源郷 祖谷の山里」が、「JALパックアワード2015」で、四国エリアの企画部門金賞に選ばれた。国の重要伝統的建造物群保存地区に残る古民家を改修し、快適に滞在できる空間を提供する-という類を見ない取り組みが評価された。

 祖谷の山里は、東洋文化研究家アレックス・カーさん(64)が監修し、築数百年の古民家8棟を市が整備した。かやぶき屋根など昔ながらの外観を復元する一方、オール電化キッチンや床暖房、水洗トイレを備え、インターネットにも接続できる。快適な環境で田舎暮らしを味わえる滞在型観光施設として人気を呼び、15年度は2341人が利用した。

 アワードは旅行大手ジャルパックが、取引のある宿泊施設や観光関連会社を対象に、企画、Web販売、お客さま評価の3部門で7エリアごとに表彰している。県内からの選出は初めて。今回、Web販売部門で徳島東急REIホテル(徳島市)が金賞、ルネッサンスリゾートナルト(鳴門市)が銀賞に選ばれた。

 ジャルパックによると、自治体が所有する施設の受賞はこれまでに例がない。三好市の大西裕之観光課長は「本物と上質を求める旅行者向けに、魅力ある施設であり続けられるよう頑張りたい」と話した。