8月9日に開幕する鳴門市阿波おどりのPRポスター

 鳴門市は22日、今年の同市の阿波踊り(8月9~11日)をPRするポスターを発表した。昨年に続いて吉本新喜劇のタレント陣を採用し、にぎやかな仕上がりとなっている。

 B1判を400枚、B2判を2200枚作った。市阿波おどりPR大使の石田靖さんや間寛平さんらが楽しく踊る様子を描いた。市内外の観光施設や宿泊施設などに張り出す。

 鳴門市の阿波踊りはJR鳴門駅西側特設演舞場で午後7時から同10時まで(前売り600円、当日800円)。新喜劇のタレントや徳島県出身の板東英二さんらが演舞場を盛り上げる。

 開幕前日の8日午後6時半からは、市阿波踊振興協会所属連などによる選抜阿波おどり大会(前売り700円、当日800円)を市文化会館で開くほか、7日午後7時45分からは撫養川沿い親水公園で市納涼花火大会がある。