歓声を上げて海に入る子どもたち=阿南市の北の脇海水浴場

 阿南市の北の脇、淡島両海水浴場が1日、県内トップを切って海開きした。梅雨の合間に青空が広がる絶好の海水浴日和となり、初泳ぎを楽しむ子どもたちの歓声が浜辺に響いた。

 北の脇では無事故を祈る神事が行われた後、岩浅嘉仁市長らがテープカット。近くの見能林幼稚園児約80人が次々と海に入り、水しぶきを上げた。年少組の岡田星飛ちゃん(4)は「友達と水を掛け合うのが楽しい」と喜んでいた。

 市が拡幅したアクセス道や無料駐車場の完成を祝う記念式典もあった。

 開設期間は北の脇が8月25日、淡島が20日まで。