友人と感想を話し合いながらポスターを眺める小松島高校生=同校

 2015年10月に徳島市でトラックにひかれて命を落とした全盲の山橋衛二さん=当時(50)=と盲導犬「ヴァルデス」を紹介するポスターの巡回展が、小松島高校(小松島市)で開かれた。

 阿波踊りに参加したり、子どもたちと交流したりするヴァルデスと山橋さんの写真に「盲導犬となら風を切って歩けます」「見えない僕は音が頼りなんだ」などのメッセージを添えたポスター14枚を、渡り廊下に掲示。生徒たちは足を止めてポスターを眺めたり、感想をノートに記したりしていた。

 2年の土井大夢さん(16)は「生き生きと楽しそうな写真に元気をもらった。視覚障害者や盲導犬についても理解を深めたい」と話した。