徳島県の飯泉嘉門知事と県内8市長の2015年の所得や増加資産、関連会社についての報告書が4日、条例に基づき公開された。知事の所得は1572万5621円で前年より14万822円増えた。報告書は知事分が県庁、市長分は各市役所で閲覧できる。

 知事の所得のうち、給与所得は1538万5500円(前年比11万7700円増)。県からの給与・賞与(期末手当)の総額1754万3500円に徳島大経営協議会や地方公共団体情報システム機構代表者会議などの委員手当計29万2千円を加え、給与所得控除額を差し引いた。知事の給与は07年11月から25%カットしている。

 給与所得のほか、講演料や原稿執筆料といった雑所得が34万121円(2万3122円増)となっている。

 増加資産は定期預金の利息17円、金銭信託評価額の上昇分399円と、小型自動車1台。関連会社と株取引は該当する内容がなく、報告書が提出されていない。