美波町の乙姫大使と浦島大使に選ばれた(右から)室賀さん、小池さん、山崎さん=同町日和佐浦の大浜海岸

 美波町をPRする2016年度の「乙姫大使」と「浦島大使」のが決まり、5日、同町役場で委嘱式があった。乙姫大使には、初めて町外出身の女性2人が選ばれた。3人はアカウミガメが上陸する町の魅力を県内外に発信する。

 女性が対象の乙姫大使には、静岡県出身の小池佐季子さん(29)=同町日和佐浦、無職=と兵庫県出身の室賀(むろが)ゆり子さん(24)=同、会社員=に委嘱、男性の浦島大使には山崎一平さん(27)=同町奥河内、デザイナー=が選ばれた。

 小池さんは美波町に本社がある地域活性化支援会社「あわえ」の元社員で、室賀さんは同社の社員。乙姫大使は町婦人会、浦島大使は町商工会青年部がそれぞれ推薦した。

 3人は影治信良町長から委嘱状を受け取り、乙姫と浦島太郎をイメージした衣装に着替え、日和佐浦の大浜海岸や日和佐うみがめ博物館カレッタで記念撮影会を行った。

 小池さんらは「美波町は人情味にあふれ、自然豊かな町。ぜひ足を運んでもらえるよう、しっかりPRしたい」と話した。16日の日和佐うみがめまつりを皮切りに1年間、町主催のイベントなどに出演する。