ビーコンの入った箱を受け取る小学生の保護者=石井町石井の町中央公民館

 IT機器を使って小学生の登下校を見守る石井町の実証実験が5日、スタートした。500円玉大の無線機器「ビーコン」を持った子どもが専用センサーの近くを通ると親のスマートフォンに通知される仕組みで、同日夜、利用を希望した町民にビーコンの配布を始めた。利用枠には空きがあり、主管する町教委は引き続き参加を呼び掛けている。

 実験は、システムを開発したリクルート住まいカンパニー(東京)と連携して行い、全国3例目。ビーコンの配布は石井町石井の町中央公民館であり、利用を希望した230のうち51人が受け取った。7、8両日夜にも配る。

 利用希望者は1~4年の低・中学年や通学距離が長い子どもを持つ親が多いという。受け取った女性(42)=同町石井、会社員=は「事件が多いご時世なので、いつも仕事しながら子どもを心配していた。このサービスで安心感を得られればありがたい」と話した。

 専用センサーは学校や公共施設、民家など町内の30カ所余りに配備されている。7、8月の利用は無料で、9月以降は月額324円になる。

 ビーコンは500個を用意している。問い合わせは町教委<電088(674)7505>。