捕まえたアユを見せ合って喜ぶ子どもたち=吉野川市の江川・鴨島公園

 吉野川市鴨島町の江川・鴨島公園で10日、アユのつかみ取り体験イベントがあり、約200人の子どもが懸命に魚影を追った。

 公園内の親水池に、体長20センチ前後のアユ600匹が放流された。子どもたちは素早く泳ぐアユを見つけると、勢いよく飛び付いたり、慎重に池の隅に追い込んだりして次々に捕まえた。

 4匹を捕った西麻植小2年の山田竜路君(8)は「ぬるぬるして最初は何度も逃がしたが、体の真ん中を握ったら滑らなかった。塩焼きにして食べたい」と満足そうだった。

 市内のNPO法人や住民団体などでつくる実行委員会が、公園に親しんでもらおうと毎年開いている。実行委はイベントに先立ち、公園内を清掃した。