海の安全を呼び掛ける啓発チラシを漁業者に手渡す乙姫大使の小池さん(左)=美波町日和佐浦

 美波町をPRする乙姫大使の2人が18日、徳島海上保安部美波分室の「一日海上保安官」に任命され、漁業者や釣り人に海の安全を訴えた。

 同町奥河内の美波分室で任命式があり、2016年度の乙姫大使を務める小池佐季子さん(29)と室賀ゆり子さん(24)に、鎌本哲二分室長が任命状を手渡した。2人は海上保安官、牟岐署員ら9人と共に日和佐港周辺を巡回し、漁業者に啓発チラシを配った。

 午後1時50分からは巡視艇「あしび」(26トン)に乗り込み、日和佐港を出発した。沖合のプレジャーボートの釣り人に「ライフジャケットを着用しましょう」などと拡声器で声を掛け、船首から手網を使ってチラシを渡した。

 一日海上保安官の任命は「全国海難防止強調運動」(16~31日)の一環。