ブルーベリーの収穫を楽しむ園児=美馬市脇町北庄の観光ブルーベリー園

 美馬市脇町北庄の観光ブルーベリー園「ベリーファームわきまち」が21日、今季の営業を始めた。初日は近くの脇町保育所の園児21人が招待され、収穫を楽しんだ。

 約50アールの畑でブルーベリー600本を栽培している。園児たちは1・5センチほどの紫の果実を一つずつ摘み取り、「おいしい」と頬張っていた。猪口愛羅ちゃん(5)は「みんなと摘んだり食べたりして楽しかった」と笑顔を見せた。

 園を経営している吉田文昭さん(66)によると、今年は台風被害がなく梅雨に雨が多かったため、例年より粒が大きめで品質はいいという。

 営業は8月末まで。入場料は中学生以上千円、小学生500円、幼児無料。100グラムまで持ち帰ることができる。問い合わせは吉田さん<電0883(55)0515>。