来場1万人目の記念品を受け取る翔大君(左から2人目)=徳島市の県立博物館

 徳島市の県立博物館で開かれている「トクシマ恐竜展」(徳島新聞社など主催)の来場者が23日、1万人を超えた。

 1万人目となったのは香川県観音寺市の小学2年、多田翔大君(7)。午後2時ごろ、父浩介さん(40)、母美佐さん(37)、妹の結菜ちゃん(2)の家族4人で来場し、博物館の湯浅利彦館長から恐竜のぬいぐるみや図鑑などの記念品が手渡された。

 翔大君は「びっくりしたけど、うれしい。ティラノサウルスみたいな大きい恐竜が大好き」と話していた。恐竜展は9月19日まで。