性暴力の根絶へ、国際社会が真剣に取り組む、その契機としなければならない。

 今年のノーベル平和賞に、アフリカ中部コンゴ(旧ザイール)の医師デニ・ムクウェゲ氏(63)と、イラクの女性人権活動家ナディア・ムラド氏(25)の受賞が決まった。

 命の危険を顧みず戦争犯罪と闘い、性暴力の撲滅に向けて努力してきたことが評価された。2人の勇気をたたえるとともに、この問題を巡って今後、日本は何をなすべきか考えたい。

 紛争下での性暴力は、過激派組織「イスラム国」(IS)が勢力を広げたシリアやイラクなどで深刻化した。最近でもミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの女性らの被害が伝えられる。

 一向に後を絶たないのは、性暴力が人々に恐怖心を植え付ける「戦争の武器」となっているからだ。1990年代から政府軍と反政府武装勢力の戦闘が続くコンゴでは、集団レイプが頻発し、女性の人権侵害は世界最悪レベルといわれる。

 ムクウェゲ氏は99年、東部の主要都市ブカブに産婦人科治療を目的とした病院を設立し、これまでに5万人を超す被害女性や子どもの支援に当たった。被害者に代わって国連などで人権侵害を告発、加害者の処罰を訴えているが国際社会の動きは鈍い。

 紛争は鉱物資源、とりわけ豊富なレアメタル(希少金属)を巡る利権争いが原因だ。先進国の鉱物需要が、武装勢力を資金面で下支えしているともいえる。

 先進国の責任は重い。「紛争鉱物」として欧米諸国は市場から排除し始めたが、十分ではない。日本も含めて対策を徹底させる必要があろう。

 一方のムラド氏は、クルド民族少数派ヤジド教徒で性暴力の被害者でもある。2014年8月、生まれ育ったイラク北部の村でISに肉親を殺され、自らは「性奴隷」として捕らえられた。

 レイプや拷問に耐え、約3カ月後にISの支配地域を脱出。ドイツを拠点に、女性や少数派の人々を守る活動に乗りだし、米議会などで体験を証言してきた。

 「性暴力に沈黙を強いる社会で類いまれな勇気だ」とノーベル賞委員会は称賛したが、その通りだろう。こうした意味では性被害を告発する「#MeToo」(「私も」の意)運動とも通じるところがある。

 自身の性暴力被害を告発したジャーナリストの伊藤詩織さんは「紛争地の、遠い国の問題ではない。日本でも被害に遭い、痛みを抱えている人がいることを忘れてはいけない」と強調する。

 被害者の支援など、できること、やるべきことは内外を問わず多い。この機会に、日本は決して女性や子どもをないがしろにしない、との決意を具体的に示すべきではないか。慰安婦問題が今なおくすぶる国際社会への力強いメッセージともなろう。