経営難で休校していた海部自動車学校(海陽町)が、脇町自動車学校(美馬市)に経営譲渡し運営を続けることになった。28日、新規入校生の募集などの業務を再開した。

 県指定自動車教習所協会(松茂町)などによると、脇町自動車学校は既に海部自動車学校の全株式を取得した。校名は変更せず、教習指導員らの雇用も継続している。

 海部自動車学校は海部郡で唯一の自動車学校。生徒数の減少で5年前から赤字経営が続いており、7月1日に入校受け付けを中止した。閉校すれば地元高校生らの運転免許取得に支障が出ることから、協会が仲介して経営譲渡を協議していた。