ミラーボールと竹を組み合わせたモニュメント。辺りを幻想的な雰囲気に包んだ=三好市池田町のへそっ子公園

 三好市池田町の阿波池田駅周辺で30日、芸術や食事、音楽などを同時に楽しめるイベント「JCわくわくフェスタ」(阿波池田青年会議所主催)が開かれた。日中に加えて初めて夜の部があり、家族連れらが光のアート作品や「ナイトカフェ」を堪能した。

 へそっ子公園に、ミラーボールと竹を組み合わせたモニュメントがお目見え。午後7時前、カウントダウンとともに点灯されると、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。

 公園ステージでは地元の子どもによる浴衣のファッションショーやバンド演奏が行われ、近くの広場にはカフェや屋台が並んだ。

 同市池田町イケミナミの会社員北浦麻衣さん(24)は「光と音楽のコラボが最高。いつもの2倍楽しめた」と喜んでいた。

 昼の部では、四国の銘酒22種類がそろう「四国酒まつり 夏の陣」、雑貨や軽食を販売する「うだつマルシェ」、農産物などを扱う「銀座よろず市」、ゆるキャラショーなどがあった。