これでは納得できない。事実は一体どうなのか、もっと丁寧な説明が要る。

 学校法人「加計(かけ)学園」が運営する岡山理科大の獣医学部新設問題を巡り、学園理事長の加計孝太郎氏がきのう、同学部(愛媛県今治市)で記者会見した。

 対外的な説明責任を果たすよう求めた県議会の決議を受けた対応で、問題発覚後、加計氏が愛媛県で会見を開くのは初めてだ。

 学園の幹部が、県や今治市に、加計氏と安倍晋三首相が面会したとの虚偽情報を伝えたとされる問題については、「学園全体として心からおわび申し上げる」と改めて謝罪した。

 しかし、説明は終始あいまいで、真相解明からは程遠いと言わざるを得ない。獣医学部新設までの過程が「加計ありき」で進められたとの疑念は、依然残ったままだ。

 安倍首相は昨年、加計学園が国家戦略特区の事業者に選定された「2017年1月20日」に、学園の獣医学部新設計画を初めて知った、と国会で答弁した。

 ところが愛媛県文書には、これと矛盾する記述がある。学園からの報告として、加計氏が15年2月25日に首相と面会し新設計画を説明した、と記され、その際、首相が「いいね」と発言したとする。

 学園側は、学園幹部による虚偽の説明だとし、既に幹部を処分している。この日も同様の主張を繰り返した。

 加計氏は「事を前に進めるため、勇み足で誤解を招くようなことを申し上げた」と釈明し、「県からも市からも手を引かれたら、学園だけでは(学部新設が)到底できないため、そう言ったと聞いている」と述べた。

 確認すればすぐに分かるようなうそを、学園の幹部がつくとは考えにくいが、これが事実なら、県を欺いて事業を進めようとしたわけである。「勇み足」「誤解」などの言葉で済まされる問題ではない。学園の認識は甘すぎるのではないか。

 加計氏自身も「会っていないと思う」と、再び首相との面会を否定した。それがはっきりすれば学園側の主張の裏付けともなるが、「記録がない、記憶にない」といった根拠では、説得力に欠ける。

 虚偽説明をしたとされる学園幹部は同席せず、首相秘書官との面会の経緯などもあやふやな答えが続いた。

 質問が集中するのが明らかだった愛媛県文書について、加計氏は「聞いてはいるが、見てはいない」と言う。6月以来、公の場での2回目の説明となるこの日の会見で、誠実に話そうとしたのか、首をかしげたくなる発言だ。

 特区制度による獣医学部新設の選定で、首相の「腹心の友」が率いる加計学園が厚遇されたのかどうか。いつまでもすっきりしないままでは、国民の政治への不信感は募る一方だ。

 やはり加計氏には国会で説明してもらう必要がある。