五輪サッカー代表 塩谷司

 男子の日本は5日、北部マナウスで7日午後9時(日本時間8日午前10時)から行われるコロンビアとの1次リーグB組第2戦に向けて調整した。4日のナイジェリア戦で出場時間が短かった鈴木(新潟)や矢島(岡山)らが、ミニゲームやシュート練習で汗を流した。

 初戦で先発した興梠、遠藤(ともに浦和)らはランニングやストレッチなどで軽く体を動かした。

 ナイジェリア戦では5失点して黒星スタートとなった。その反省からボールを積極的に奪いに出る守り方をするよう確認し、DF塩谷(広島)=小松島市出身=は「責任を感じるし、情けない。次の試合までに修正したい」と巻き返しを誓った。