中央制御室で起動操作を行う運転員=愛媛県伊方町の伊方原発(代表撮影)

 四国電力は12日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)を再稼働させた。15日に発電と送電を開始し、9月上旬の営業運転を目指す。2012年1月に伊方の全3基が停止して以来、4年7カ月ぶりに四国で原子力発電が再開する。原子力規制委員会の新規制基準の下での再稼働は九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜3、4号機(福井県)に続き5基目。高浜3、4号機が司法判断で運転差し止め中のため、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電としては国内唯一となる。

 事故時の避難計画の実効性や地震への懸念が全国的に根強いが、川内1号機の再稼働から1年たち、政府は原発活用を加速させたい考えだ。

 12日午前9時、3号機の中央制御室で運転員がレバーを操作して制御棒の引き抜きを開始し、原子炉を起動させた。13日朝には核分裂が安定して持続する臨界に達する。

 15日に送電を再開して徐々に出力を上げ、22日には最大出力約89万キロワットに到達。9月上旬に規制委による最終的な検査を受け、問題がなければ営業運転に移行する。

 八幡浜営業所でモニター画面を通じて作業を見守った佐藤雅彦・伊方発電所所長代理は「何が起こっても対応できる措置を取ってきた。事故は起こさないという心構えで今後も取り組む」と話した。

 佐伯勇人社長は「引き続き国の検査に真摯(しんし)に対応するとともに、これまで以上に緊張感を持って安全確保を最優先に臨界、発電再開へとステップを進めたい」とコメントした。

 3号機は11年4月に定期検査で停止。昨年7月に規制委の審査に合格し、今年6月にはMOX燃料16体を含む157体の燃料集合体が原子炉に入った。