見物客も加わった総踊りで盛り上がる大阪天満宮の境内=大阪市内

 日本一長い商店街として知られる大阪市の天神橋筋商店街周辺で21日、阿波踊りイベント「天神天満阿波おどり」があった。関西阿波おどり協会所属の11連約320人と、徳島県が主催した踊り教室受講者らでつくるにわか連約150人が商店街などに踊り込み、見物客を魅了した。

 全長が約2・6キロある商店街の約半分を演舞場として活用し、勇壮な踊りを披露しながらアーケードを通り抜けた。近くの大阪天満宮に会場を移した後は各連の踊りのほか、見物客も加わった総踊りで盛り上がった。

 この日の大阪市は最高気温が36度を超える猛暑日になった。にわか連で踊った三好市池田町出身の井上美治さん(69)=京都市=は「古里を離れて約40年になるが、懐かしい。暑いけれども、この熱さが阿波踊り」と話し、玉のような汗を拭った。