ランドセルの品定めをする親子=徳島市のそごう徳島店

 徳島県内で早くもランドセル商戦が盛り上がっている。品数に限りのある人気商品を早めに手に入れようと購入時期は年々前倒しされ、今年は8月中旬から最初のピークを迎えている。百貨店や量販店は専用の売り場を設置。週末には家族連れらが熱心に品定めしている。

 ゆめタウン徳島(藍住町奥野)は6月下旬に特設コーナーを構え、3万5千~9万円の約80種類をそろえている。売れ筋は5万~6万円台。女の子には刺しゅうの付いたかわいらしい商品が人気。ピークはお盆すぎと10月中旬の2回を見込み、早めに注文を確保しようと週末には2割引きのセールを行っている。

 4月下旬からコーナーを設けているのはそごう徳島店(徳島市寺島本町西1)。品ぞろえは6~8万円台が中心で、12万円台の高級品もある。A4判のフラットファイルがすっぽり入るタイプの売れ行きが好調で、担当者は「人気のシリーズは色によって品切れも出ている」と言う。

 かばん専門店の若林(同市東新町1)はインターネットの大手買い物サイトでも販売していて、全国から受注している。注文が舞い込むのが昨年より1カ月以上早く、既に昨年同期の倍以上売れているという。