帰国会見で金メダルを胸に笑顔を見せる松友選手(右)と高橋選手=都内のホテル

 リオデジャネイロ五輪で史上最多となる41個のメダルを獲得した日本選手団が24日帰国し、東京都内のホテルで会見を行った。バドミントン女子ダブルスで金メダルを獲得した藍住町出身の松友美佐紀選手(24)と高橋礼華選手(26)=日本ユニシス=は共に「応援が力になった」と感謝し、充実感をにじませた。

 壇上には金、銀、銅のメダルを獲得した55人が勢ぞろい。一人ずつ感想を述べた。

 金メダルを首に掛けた松友選手は「初めてのオリンピックで初のメダルを取ることができて本当にうれしい」と感激の面持ち。「現地でも日本からもたくさんの応援をいただいたことで、最後まで諦めずに戦い抜くことができた」と語った。

 高橋選手は「バドミントンを始めたころから金メダルを目標にしてきた。それを達成できた」と喜びをかみしめていた。

 日本選手団の高田裕司総監督は「金メダル14個という目標に届かなかったことは残念だが、これまで金メダルのなかったバドミントンで獲得できたのは大きい」と健闘をたたえた。