ろうそくの明かりを見つめる子どもたち=小松島市立江町若松の立江寺

 小松島市立江町の四国霊場19番札所・立江寺で23日夜、先祖を供養し子どもの健やかな成長を祈る地蔵盆の行事「ローソクまつり」が開かれた。

 本尊の地蔵菩薩をまつる本堂と大師堂を結ぶ参道の両脇に300本以上のろうそくが並んだ。午後7時すぎに火がともされ、訪れた人は家族の幸せを祈って手を合わせたり、参道にゆらめく明かりを眺めたりしていた。

 境内では、地元の立江保育所と立江幼稚園の園児計52人が童謡の合唱やダンスを披露したほか、お菓子のプレゼントや花火大会もあった。