買い物客に地元産野菜を使った料理を振る舞う野菜ソムリエ=阿波市市場町のJA夢市場

 阿波市産野菜の消費拡大に向け、市内の野菜ソムリエでつくる「野菜ソムリエコミュニティ徳島・阿波支部」が3日、同市市場町大野島のJA阿波郡東部の直売所「JA夢市場」で、料理の試食会を初めて開いた。

 ソムリエ5人が店頭に立って用意した料理を提供。市内の若手農業者グループ「GOTTSO(ゴッツォ)阿波」が栽培している白ナス「美~ナス」、オクラ、アスパラガスなどの旬の野菜で作った串カツ、スープ、サラダを買い物客約150人に振る舞った。レシピや調理の注意点なども説明した。

 同市土成町秋月の主婦笹田美香さん(28)は「子どもに野菜をたくさん食べさせたいので参考になった」と喜んでいた。

 同支部は今後も、夢市場からダイコンやレタス、ブロッコリーなど地元産野菜の提供を受けて、試食会を月1回のペースで行う。