外国人向けの運転免許取得支援講座の打ち合わせをする自動車学校の教官ら=徳島市のわーくぴあ徳島

 徳島県労働者福祉協議会は27日~来年1月25日、徳島市昭和町3のわーくぴあ徳島で、定住外国人向けの自動車運転免許証の取得支援講座を初めて開く。教習所に入る前に、法令用語など学科試験特有の日本語の読解力をつけてもらい、スムーズな取得につなげる。

 日常会話に困らない程度の語学力がある定住外国人が対象で、日本語教育に取り組む「JTMとくしま日本語ネットワーク」のメンバーと広沢自動車学校(徳島市南田宮2)の教官が、日本語講座を週2回、学科講座を週1回開く。滞在期間が限られている技能実習生や留学生は受講できない。

 労働者福祉協議会によると、日常会話であまり使わない「危険が潜む」「方向を転じる」といった言葉や動詞の活用を理解できず、免許取得を諦める外国人が少なくない。

 県内在住の外国人は5012人(15年末、法務省統計)いるが、県運転免許センターによると、免許取得者は1533人(8月26日時点)と3割程度にとどまっている。

 協議会の兼松文子事務局次長は「免許を取って仕事や日常生活に役立ててほしい」と受講を呼び掛けている。

 募集人員は12人で先着順。受講無料だがテキスト代が必要。問い合わせは協議会<電088(625)8387>。