台風13号は7日、九州の南海上を北寄りに進んだ。発達しながら四国沖に達し、7日夜遅くから8日未明に徳島県内に最接近する見通し。気象庁は大雨による土砂災害や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、台風13号は7日正午現在、種子島の東南東約120キロを時速約30キロで東北東へ進んだ。中心気圧は千ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南東側220キロ以内と北西側110キロ以内が強風域となっている。

 県内は台風の影響で上空に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっている。7日夕方以降、局地的に大雨が降る恐れがあり、8日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で南部100ミリ、北部50ミリ。陸上の最大風速(最大瞬間風速)は南部12メートル(25メートル)、北部10メートル(20メートル)と予想されている。

 8日にかけて南西諸島から北日本の広い範囲で局地的に猛烈な雨となる恐れがある。8日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で近畿200ミリ、東海と関東甲信150ミリ。予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東海と関東甲信で25メートル(35メートル)、東北で23メートル(35メートル)、北海道で20メートル(30メートル)となっている。