四国デスティネーションキャンペーンのカウントダウンボードを除幕する関係者=徳島駅

 四国4県とJR四国などが来年4~6月に四国観光をPRする「四国デスティネーションキャンペーン」まで13日で200日となり、徳島駅改札前のコンコースにカウントダウンボードがお目見えした。

 ボードは縦1・7メートル、横90センチ。キャンペーンまでの日数を刻み、ムード盛り上げを狙う。この日、関係者約30人が出席しボードの除幕式を行った。

 JR四国の山本仁志徳島企画部長は「カウントダウンで事業の認知度を上げ、四国一体となって盛り上がっていきたい」と述べた。