道路が冠水したため立ち往生した軽ワゴン車を移動させる消防署員ら=20日午後5時ごろ、徳島市八万町寺山

 台風16号は20日午後、和歌山県に再上陸した後、東日本の太平洋沿岸を東へ進み、温帯低気圧に変わった。記録的な大雨となった徳島県内は各地で浸水被害が起き、徳島市などで少なくとも約60戸が床上・床下浸水した。風も強まり、阿南市では80代女性が強風にあおられて転倒し、軽傷を負った。

 徳島地方気象台によると、降り始めの17日午前11時から20日午後9時までの総雨量は美波町387ミリ、海陽町342・5ミリ、徳島市315・5ミリ、上勝町福原旭262・5ミリなどとなっている。

 徳島市など少なくとも7市町村で約20戸が床上浸水、約40戸が床下浸水した。多くの道路が冠水し、立ち往生する車が相次いだ。園瀬川の山上観測所(徳島市上八万町)や日和佐川の月輪観測所(美波町)など6カ所で一時、氾濫危険水位を超えた。

 阿南市蒲生田で午後1時12分、最大瞬間風速30・9メートルを観測。同市橘町汐谷では午後2時半ごろ、80代女性が側溝のごみを取り除いていたところ、強風にあおられて転倒し、腰を打って軽傷を負った。

 阿南市が一時、1万2229世帯2万9966人に避難指示を出したほか、11市町村の4万6925世帯10万7610人に避難勧告が出された。北島、東みよし両町を除く22市町村で322世帯476人が公共施設に避難。阿南市の1世帯1人を除き、全員が午後8時までに帰宅した。