小松島市議会事務局が政務活動費(政活費)の収支報告書の閲覧申請があったことを全市議に知らせたメールが徳島新聞に掲載されたことについて、杉本勝副議長は27日の市議会予算決算委員会で「どこから流れたか分からないが、再々流れるようなことがあれば議会として支障があるのではないか」と述べた。取材規制や「知る権利」の侵害につながる発言とも受け取れ、波紋を呼びそうだ。

 杉本副議長は、議会事務局が市議にしか送っていないメールが徳島新聞に渡ったことに対し「どこかから漏れたから、こういうことになるんだと思う。市議全員でよく話し合いをしておかないと、また再発するかもしれない」と話した。

 徳島新聞の取材に対し杉本氏は取材制限などの意図を否定し「市政に関する情報を扱う議員は、多くの人に知らせるべき情報と保護すべき情報の見極めに気を付ける必要があったという意味だった」と釈明した。