人気アニメのキャラクターを描いたシールに足を止めて見入る駅利用者=徳島駅コンコース

 徳島駅を人気アニメ作品の懸垂幕やシールなどで飾る「徳島駅アニメジャック」が1日、始まった。9月24日に徳島市中心部などで開幕したアニメの祭典「マチ★アソビvol.17」と「国際アニメ映画祭」のイベントとして、映画祭実行委が初めて企画した。

 駅構内の柱や床、改札扉には、テレビアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」など3作品を載せた懸垂幕や横断幕が飾られている。改札付近の床には同アニメのキャラクターを描いたシール(縦、横各5・2メートル)が施され、通行人が写真に収めていた。

 川島高校3年の井内悠斗さん(18)は「普段の徳島駅と印象が違って面白い。アニメを見ない人が、興味を持つきっかけになればいい」と話していた。

 アニメジャックは、10日まで続く。