極早生ミカンの収穫に追われる白草さん=勝浦町生名

 ミカンどころ勝浦町で、極早生ミカンの収穫が最盛期を迎えた。

 同町生名の農業白草敏治さん(66)方では、約12アールの畑で極早生と早生を栽培。実の半分ほどが黄色く色づいたものを選びながら、一つずつ丁寧に切り取っている。

 「やや小ぶりだが糖度は高く、甘くておいしい」と白草さん。近くの産直市「よってネ市」で1袋200円前後で販売している。

 極早生の収穫は10月末まで。その後、休む間もなく早生の収穫に追われる。