最後の授業を終え、級友(右)から写真を受け取る男児=美波町の日和佐小

 地方と大都市の二つの小中学校に在籍して学べる「デュアルスクール」の制度化を目指す徳島県教委が行ったモデル事業第1弾で、東京から美波町の日和佐小に転入していた2年生男児(7)が14日、12日間の日程を終えて転出した。男児は心身共に成長し、事業はまずまずのスタートを切った。ただ、制度化へのハードルは高く、実現できるかどうかは今後の取り組み次第といえる。

 男児は、オフィス向け不動産の紹介などを手掛ける「ヒトカラメディア」(東京)のスタッフ杉浦那緒子さん(37)の長男。杉浦さんが美波町のサテライトオフィス(SO)で勤務する間、日和佐小で学んだ。

 14日は学校近くの大浜海岸で砂絵を制作するなど最後の授業に参加。5時間目終了後に級友から「また日和佐に来てよ」と声をかけられ、学校生活を収めた写真をもらうと「ありがとうございました。また来るね」とあいさつした。

 デュアルスクールは子どもが2地域で多様な価値観を学べるようにしたり、都会で子育て中の本社員を徳島のSOで働きやすくしたりすることが狙い。モデル事業では、男児が都内に住民票を残したまま転校できるよう手続きを簡素化した。

 県教委は転校手続きや住民票異動を必要とせず、2校に同時在籍できる制度を目指している。3年ほどかけて試行を重ねながら効果を検証し、国に政策提言する。